遺品査定士とは

MENU

遺品査定士とは何でしょう

お亡くなりになった方の遺品は、家族が処分することがほとんどです。
この遺品を遺品査定士に買い取ってもらうことができます。

 

遺品査定士とは、遺品に関わるジャンルの鑑定士と協力し、遺品の査定と買い取りに特化した専門家のことを言います。

 

遺族の方が安心して遺品を繋ぐことの支援を行ってくれます。

 

また遺品査定士は、遺品の整理に関する知識だけではなく、査定や買い取りについての独特な専門知識がありますし、法令に関わる理解を兼ね備えた専門家でもあるのです。

 

このような遺品査定士は、高齢化によって増えてきた遺品整理を手助けしてくれます。
急激に遺品の整理が増えたことによって、遺品を狙ったトラブルも増えています。

 

トラブルに巻き込まれないためにも、早めに遺品を遺品査定士に査定してもらい、引き取ってもらいたいものは早く引き取ってもらうと良いでしょう。

 

納得いく形で買い取ってほしい人は、査定士に頼んでみたほうが良いと言えるでしょう。

遺族を助ける遺品査定士

家族が亡くなってしまったときに遺族が大変なのが遺品の整理や処分です。
遺品が多い場合は整理や処分に時間がかかってしまいます。

 

そんなときに助けてくれるのが遺品査定士です。
遺品査定士は、遺品に関する査定を適正に行ってくれます。

 

また弁護士のような国家資格を必要とするわけではありません。
一般社団法人遺品整理士認定協会が行っている認定資格です。

 

遺品整理士は遺品を適正に評価する知識を持っていなかったため、2014年から遺品査定士という資格ができたのです。

 

そして遺品査定士が査定する遺品は、家電や貴金属、骨とう品やブランド品などです。

 

査定した後、遺族は買取を依頼することができますが、そのときは買取してもらうリストを発行してもらわなければいけません。

 

最近では遺品を悪質に買い取りする業者がいますので、遺品査定士の資格を持っている人に依頼するようにしましょう。

 

それとクーリングオフが適用されてキャンセルが可能ですので安心です。

関連情報