MENU

遺品供養の内容

遺品の供養"遺品供養について"

 

残された家族としての、お片付け。
中にはその性格上、簡単に割り切って処分出来ない品ものもあります。
遺品供養としての性格が強い物には、この様な物があります。

 

遺品供養される物が多いのは、人形や仏壇、仏具、神棚などがあります。
確かに人形や仏壇などは、廃品としてスンナリ処分は出来ないものです。
その他にも、故人の思い入れが強いと思われるメガネや洋服、絵画などが持ってこられる場合もあります。

 

遺品供養としてお寺の住職の方にお願いをして、行う事が多い様です。
お焚き上げにはそこに宿っている魂を取り払い、故人を偲ぶという考えが根底にあるみたいです。
故人の方が気持ちよく天国へ旅立たれる様に、昔から行われていた様です。

 

檀家のお寺がある場合は、ご住職に聞いてみても良いと思います。
またお寺によっては、宗派など関係なく、お焚き上げのみ行ってくれる場合があります。
遺品整理の会社でも、仲介役として供養を引き受けてくれる場合も多いそうです。

 

遺品供養の費用

厄除けのお寺などでも受け付けてくれるのが、遺品供養です。
遺品供養とは亡くなられた方が愛用していた品物を、残された家族が供養して上げる事を指しています。
個人では処分に困る、神棚や仏壇、人形などが遺品供養としてお寺に持ち込まれます。

 

単なるゴミとして捨て場に困る物は、この様なお寺でお焚き上げを行ってもらうと気持ちも楽になる様です。
お焚き上げの費用などは、そのお寺や企業によっても異なります。
大きな物だと、1万円以上掛かる場合が多い様です。

 

小さな小物の場合は、数千円が目安となります。
おおよその値段を教えてくれる所も多いので、気になる方は連絡をしてから持ち込んでも良いと思います。
数珠や仏像、位牌などは、個人の判断でそのまま捨てるのは、気が引けるもの。

 

きちんと魂抜きをしてあげる事によって、故人だけではなく、残された家族も心残りなくこれからの人生を歩む事が出来るのではないでしょうか。
大切な思い出はしっかり残したまま、ご供養を行ってあげてください。

関連情報