遺言信託について

MENU

遺言信託とは何でしょう!?

遺言信託は、遺書を書く際、遺言を執行するものとして信託銀行を指定しておき、相続が生じてしまったときに遺言執行者となります。

 

そして指定してある信託銀行が、遺言に書かれている通りに財産の分与を行うことです。

 

ここでいう信託銀行とは、銀行と同じ業務と信託業を両方とも行っている銀行のことです。

 

こうした遺言信託のメリットはたくさんあります。

 

遺言の保管や作成などに関わるサービスが受けられること、遺言を作成するにあたって事前に相談を受けることができること。

 

それに資産を利用した組み換えアドバイスや土地を有効に使用するためのアドバイスも受けることが可能なことや将来的な安心感が弁護士や税理士よりもあることです。

 

また相続が生じてしまった時、財産分割や名義変更などを代行してもらうこともできます。

 

それと定期的に定期照会で見直すこともできるのです。

 

遺言信託を行っている銀行は、執行報酬として相続税評価額の2.1%を受け取れるとされています。

関連情報