知りたい、遺品の形見分け

遺品と、形見分けの手順

知りたい、遺品の形見分け

遺品の形見分け

 

突然の肉親の死。悲しいとばかり言ってられない程、現実的に動かなくてはならない作業もあります。遺品の形見分けも、その内の一つです。
遺品の形見分けは、誰に送るかを重要視されがちですが、何を贈るかも大切な要素になります。

 

遺品の形見分けを行うと同時に、いらない不要な物は、しっかり処分していく姿勢も大切になってきます。大き目の段ボールなどを用意して、「必要なもの」「必要ではないもの」を振り分けていくと、比較的楽に作業を進める事ができます。

 

また直ぐに判別が出来ない物が多そうな場合は「一時的に残しておくもの」ボックスを用意しておくと、良いと思います。片付けの時には迷う品物でも、後々ユックリ見てみると、意外にたいした物では無かったという品もあります。

 

この様に分類しながら片付けをすると、頭の中もスッキリします。またある程度、分類を行っておくと、自分以外の第三者をサポーターとして頼んだ場合も、作業が楽になります.

遺品と、形見分けの手順

遺品の「形見分け」という言葉があります。形見分けとは、亡くなった方と近しい人に、遺品をプレゼントする事を指しています。使っていた物を贈るという観点からも、目下の人へ配るというケースが多いみたいです。

 

勿論、目上の方に贈る場合もありますが、失礼にならない様に、考慮してから渡す様に心掛けましょう。遺品をチェックして、形見分けをする品物があるのかを探す所からスタートします。気持ちの一区切りと言われている、四十九日の法要が終わった後などに行うのがベストだと思います。

 

遺品を形見分けする場合は、相手の方の性別や年齢を考えて、どの品物を贈ると喜ばれるかを考えます。好みが分からない場合は、一緒に片付けをして、好きな物を持っていってもらうのも良いと思います。

 

また包んで渡す場合には、失礼をお許し下さいなどと一言添えて渡すのが流儀です。その性格上、法要後やお食事をした時など、直接会ったときに渡すのが良いと思います。

遺品整理の品物

突然の親族とのお別れ。心の整理が付いていない時の、この様な不足の事態は、気持ちを惑わせてしまうものです。葬儀を滞りなく終えた後の、疲労感。

 

悲しみも手伝って、途方の無い気持ちになります。残された家族や親戚として、行わなければならない所作もあります。遺品整理と呼ばれている事も、その内の一つです。

 

遺品整理は故人が残した、ゆかりの品などを、残された家族などで分け合う事を指しています。遺品整理の品物としては、以下の様な物があります。一番大切なのが、貴重品です。

 

貴重品には故人の通帳や印鑑、クレジットカード、現金などが挙げられます。これは財産分与などを行う時に大切になってくるので、大切に保管をしておきましょう。そして骨董や絵、手紙や写真などの、故人ゆかりの品物があります。

 

またコートや帽子、年代ものの着物などもあります。タンスや冷蔵庫、テーブルなどの家具もあります。また保存しておいた食料も、立派な遺品の一つとなります。


トップへ戻る