遺品整理業者と清掃

孤独死と、遺品整理の清掃

 

遺品整理を素人が行おうと思ったとき、一番大変なのは、やはり清掃だと思います。特に高齢のお年寄りが住んでいた住まいは、長年積もった家独自の匂いもあり、部外者からすると、作業の妨げとなります。巷で溢れている遺品整理のサービスですが、業者によっては清掃までお願い出来ることもあります。

 

遺品整理業者の中には、清掃サービスを基本料金として取り込んでいるところもあります。見積もりの段階で金額などを、確認しておくと良いでしょう。業者の方によると、部屋の汚れ具合によって、使う薬剤や作業の方法を変えていくそうです。

 

雑巾や水ぶき、掃除機などで済ませる簡単なレベルの片づけもあれば、プロ仕様の薬品を使い、徹底的にお部屋の消臭を行うレベルまであります。見積もりに来たスタッフなどと確認を取り、どの程度綺麗にしたいのか、現状に近づけたいのかを話しておくと良いでしょう。

 

汚れた部屋のままでは故人の方も、天国に浮かばれないことと思います。

孤独死と、遺品整理の清掃

一人暮らしの方が孤独死をされ、他界。亡くなった方には申し訳ないのですが、この様な亡くなり方をされた場合、お部屋の匂いもかなりの物になります。ここで登場するのが、プロの遺品整理業者です。

 

消臭や清掃など、幅広いサービスを行ってくれることで実績があります。遺品整理業者の場合は、孤独死特有の清掃もしっかりと面倒を見てくれる所も多いそうです。部屋の状況に応じて、遺品整理業者が用いる薬剤などを、セレクト。

 

素人では真似ができない様なレベルの清掃を行ってくれると、定評があるそうです。豆知識なのですが、孤独死された方の場合は、念のため警察による検視や現場の検証などがあります。警察の鑑識の妨げとならない様に、初期の段階では注意が必要です。

 

その語警察から室内に立ち入りOKの許可が下りたら、片付けなどの実質的な作業が行える様になります。近所の方との付き合いも少ないこの頃ですが、互いに声を掛け合い、少しでも一人で亡くなる方が少なくなる社会を祈るばかりです。


トップへ戻る