遺品整理について記事一覧

遺品整理とは

映画などで見かける遺品などの形見分け。思い出の着物やバッグ、手紙や絵画など。故人の方の気持ちやライフスタイルを垣間見る事が出来る、贅沢な時間です。けれども現実的には遺品には、生活用品なども含まれます。冷蔵庫や洗濯機、故人が使っていたデスクや、冷蔵庫に残された大量の食料品など。故人が残した生活全般の物やお金、すべてが遺品と呼ばれる様です。この様な遺品の片づけなどは、昔は親族や自治会の中で慎ましやかに...

遺品供養の内容

残された家族としての、お片付け。中にはその性格上、簡単に割り切って処分出来ない品ものもあります。遺品供養としての性格が強い物には、この様な物があります。遺品供養される物が多いのは、人形や仏壇、仏具、神棚などがあります。確かに人形や仏壇などは、廃品としてスンナリ処分は出来ないものです。その他にも、故人の思い入れが強いと思われるメガネや洋服、絵画などが持ってこられる場合もあります。遺品供養としてお寺の...

今から出来る、生前整理

少し前の時代では、元気な時の生前整理は、とっても縁起が悪いものと言われていたそうです。けれども断捨離と言う言葉が定着する様になり、次第に人々の価値観も変わり始めています。今では生前整理をするのと同じ様に、自分の葬儀などを生前に予約しておく、終活も聞かれる様になってきました。「どう生きたいか」を前向きに考えていくと、自ずと「どう死ぬか」も見えてきます。自分の死に際をスッキリする事によって、今ある命を...

遺品整理時期、いつ?

亡くなった方とのお別れ、悲しいものですよね。故人ゆかりの品をそのまま保管しておきたい反面、片付けもしなくてはならない。遺品整理時期も迷う所があります。遺品整理時期に付いて尋ねられる事も多いのですが、実際答えに困る質問でもあります。各家庭の事情もそれぞれ異なるので、一概に遺品整理時期がいつかとは答え難いのです。ただ多くのご家庭の場合は、葬儀などが一通り済んで一段落した後の事が多い様です。葬儀の後に親...

遺品整理の方法

様々な遣り方があるのが、遺品整理の方法です。遺品整理の方法としては、様々なパターンがあります。故人の意思をくみ、残された家族がベストと思う方法を模索していきましょう。遺品整理の方法としては、近しい人で遺品を分け合う遣り方もあります。形見分けと、言われている物の一つです。この他にも、例えば多くの本が残された場合、図書館などの公共の施設に寄付する手もあります。まだ使えるデスクや本棚などは、養護施設や保...

遺品の形見分け

突然の肉親の死。悲しいとばかり言ってられない程、現実的に動かなくてはならない作業もあります。遺品の形見分けも、その内の一つです。遺品の形見分けは、誰に送るかを重要視されがちですが、何を贈るかも大切な要素になります。遺品の形見分けを行うと同時に、いらない不要な物は、しっかり処分していく姿勢も大切になってきます。大き目の段ボールなどを用意して、「必要なもの」「必要ではないもの」を振り分けていくと、比較...

遺品整理と孤独死

結婚しない若者が増えているなか、年齢関係無く、ひっそりとこの世を去る孤独死が問題視されています。誰かと一緒に住んでいても、伴侶が亡くなってしまった場合、孤独死の危険は隣り合わせとなります。昔の様に、ご近所の方がひっきり無しに様子を見ていた時代と違い、現代は隣の人の声さえ聴いた事が無い、孤独の時代。あなたの身の回りでも、孤独死する可能性のある人は、一人や二人では無いと思います。この様な孤独な時代に困...

遺品整理、気になる相場は?

「仕事が忙しくて、身内が片付けを行う事ができない。」「賃貸なので引き払いたいが、ゴミが目立ち、どこから手を付けて良いやら分からない。」この様なリクエストが、増えてきています。昔の様に地域と家族が密接に寄り添って暮らしていた時代と異なり、現代は個が重視される時代です。突然、身内があの世に去ってしまうと、極少数の身内の中だけで、問題を抱えてしまいがちです。こんな遺品整理の場合は、思い切ってプロに頼むの...

遺品整理の費用

遺品整理の費用、出来れば安く抑えたい。そう思っている方には、是非見て欲しいと思います。遺品整理の費用を安く抑える為には、自分たちで行う選択肢も有ります。持ち家で、現在の自分の住まいから比較的近い所に故人の家がある場合。ゆっくりと時間を掛けて処理を進める事は、可能です。ただ、故人の家が遠方で離れている場合。そして賃貸や借家などで、第三者に返却をしなければならない場合。これはメリットが迫っているので、...

遺品整理の一括見積もり

愛する方の死、残された家財や骨董、写真などはとても大切なものです。けれども遺品整理を行う時間などは、現代の忙しい社会にとって大きな痛手となる事もあります。「面倒だから後回しに…。」この様な気持ちでいては、いつまで経っても、亡くなった方を気分良く天国へ見送ることは出来ませんよね。スッキリとした人生を送るためにも、一括見積もりなどをお願いする事をお薦めします。遺品整理の一括見積もりは、大手の運営サイト...

遺品査定士とは

お亡くなりになった方の遺品は、家族が処分することがほとんどです。この遺品を遺品査定士に買い取ってもらうことができます。遺品査定士とは、遺品に関わるジャンルの鑑定士と協力し、遺品の査定と買い取りに特化した専門家のことを言います。遺族の方が安心して遺品を繋ぐことの支援を行ってくれます。また遺品査定士は、遺品の整理に関する知識だけではなく、査定や買い取りについての独特な専門知識がありますし、法令に関わる...

遺品買取の流れ

注目されている産業の一つに、遺品買取というものが有ります。故人の方が使われていた品物の中には、プロでしか分からない高額な品物もあります。ゴミとして処分してしまう前に、プロの方に遺品買取して貰う方法も選択肢の一つ。遺品の片づけに悩まれている方は、遺品買取の業者に相談するのも、一つの方法でしょう。業者に寄ってパターンは若干の違いがありますが、引き取り前には一度、物件の中を見て見積もりを出す所が多い様で...

遺品整理とリサイクル

故人の方が愛用されていた絵や掛け軸、お値打ちのある着物。貰い手のない、良質な遺品の数々。遺品整理をしている側としては「置くスペースが無い、けれども廃棄はしたくない」。この様に想い悩む瞬間も、数多くあります。廃棄を躊躇う品物の場合は、思い切ってリサイクル業者に委託するという選択肢もあります。最近では遺品整理から出て来た逸品を、快く取り扱ってくれるリサイクル業者が数多く存在します。故人の方が愛用されて...

遺品を廃棄処分しようと思った時

大切な方の遺品、廃棄処分をしようと思った事はありませんか?身内の方の突然の死去。美しいまま思い出として残しておきたい所ですが、現実的にはそうもいきません。賃貸アパートや借家などの場合は、貸主にきちんとした形で返却をする義務もあります。遺品を廃棄処分しようと思った時、素人だけの判断で行動するよりは、第三者のプロの力を借りるのがお薦めです。冷蔵庫やパソコン、大型テレビ。個人の判断で一般のゴミとして収集...

遺品の不法投棄

テレビのニュースで不法投棄のことをよく聞くようになりました。処分に困って不法投棄しているようですが、遺品を不法投棄することもよく聞くようになってしまいました。亡くなった人の遺品がたくさんあったり処分費用が高くついてしまうからです。遺族の方が不法投棄することは少ないようです。では、誰が不法投棄しているのでしょうか?それは遺品を引き取った遺品整理業者とされています。遺品整理業者は、遺族から引き取り費用...

遺品整理業者と清掃

遺品整理を素人が行おうと思ったとき、一番大変なのは、やはり清掃だと思います。特に高齢のお年寄りが住んでいた住まいは、長年積もった家独自の匂いもあり、部外者からすると、作業の妨げとなります。巷で溢れている遺品整理のサービスですが、業者によっては清掃までお願い出来ることもあります。遺品整理業者の中には、清掃サービスを基本料金として取り込んでいるところもあります。見積もりの段階で金額などを、確認しておく...

遺品整理と特殊清掃サービス

死後数日が経過されたご遺体。親しい身内の者であっても、特有の匂いには慣れることは出来ません。特殊清掃の実績もあるのが、メディアにも登場することの多い遺品整理の業者です。業者によっては、部屋の様子をチェックした後、特有の機材や薬品などを用いて、特殊清掃を行ってくれます。特殊清掃をお願いする場合は、お部屋の家具や不用品などを取り除いた状態で行う必要があります。そのため作業時間などは、加算される可能性も...

遺品整理スタッフの体験談

遺品整理スタッフだからこそ言える体験談、アドバイスをここに記したいと思います。遺品整理の業界にいて、数年。体験談の数も数百以上となりました。毎日どこかの現場に行って見積もりや、実際の作業、ハウスクリーニングなどを行っています。遺品整理の仕事は激務だと思われそうですが、実際には依頼者の方とのコミュニケーションも大切です。体験談にも、心温まるエピソードがあります。12月のとある現場にて。今にも雪が降り...


トップへ戻る