MENU

遺品整理協会の優良企業は?

残された家族を、サポートする目線で作られた遺品整理協会。
遺品整理協会は一般の財団法人ですが、多くのメディアからも取材が来るほど、注目されている異例の協会です。

 

遺品整理協会の仕事は多数ありますが、その中の一つが遺品整理士の資格の推奨と、優良企業リストを持っていることです。
この業界では、需要がアップしているのを良いことに、中には基礎的な知識を持たない悪質な企業も存在するみたいです。

 

残された家族の方が安心して業者や企業をセレクトできる様に、日本全国の会社を検索する事ができるシステムも持っているそうです。
このリストには電話番号や住所、ホームページのアドレスも記載されているので、使う方にとっては便利だと思います。

 

色々なサイトの情報と併せて、参考の一つにすると良いと思います。
この協会では受講の講座も開いています。
興味のある方に、大きな門戸も開いているそうです。
遺品整理の資格は、第二の人生のパートナーとしても、活躍してくれそうです。

遺品整理協会の基礎

遺品整理協会という団体があります。
一般の社団法人で、遺品整理協会の正式なネーミングは、遺品整理士認定協会です。
お年を召された方の孤独死問題を、危機的な状況と考えた会長によって新設された団体が、遺品整理協会だそうです。

 

孤独死とは、遠い話の様ですが、大きな震災などが起こった後に建設される仮設の住宅でも、その問題は深刻なのだそうです。
一般的な住宅と違い、仮設の住宅には永年のコミュニティが存在しません。
気持ちもふさぎがちなので、多くの方が家から一歩も出ない。

 

そして、ご近所の方との会話もしない家屋も多いそうです。
仮設に住んでいる方は、身よりのない高齢者の方も多くて、気付いていたら死後数日が経過していた…。
この様なケースもあるそうです。

 

生まれる人の数よりも、亡くなる人の数の方が多い、日本の現代の社会。
残された身内やボランティアの人だけで、後片付けを行う事は現実的に無理です。
この団体の様な、第三者の力が必要になると思います。

関連情報