遺品整理に関わる疑問や不安を解消しましょう

MENU

遺品整理とは

遺品整理
遺品整理サポート365.com

 

大切な方とのお別れ。突然の死であればあるほど、それは悲しみと一緒に訪れるものです。あの世へ旅だってしまった方と綺麗にお別れする為には、悲しいけれども、行わなくてはならない事も存在します。

 

遺品整理の一つとも言われているのが、いわゆる形見分けと言われている所作です。故人が愛用していた品物などを、残された家族や親戚などが分け合う作業の事を指しています。遺品整理としては一般的な事です。

 

思い出のあるラジオや洋服、愛用していた本などを分け合う事もあります。遺品整理を行う時間は、残された家族が去りゆく個人との繋がりを一番に感じる時間でもあります。

 

特に思い出深い写真や本など、故人の面影を感じる事が出来る品物は、大きな愛を感じる事が出来ます。またこの様な作業は、時には困難を伴う場合もあります。「沢山の遺品があって、何をして良いのか、わからない。」「仕事で忙しくて思い出に浸っている時間が無い。」
こんな時はプロに頼るケースもあります。

 

遺品整理の行い方

思い入れの強い親族や、身内とのお別れ。本当に悲しくて辛いものです。大切な方とのお別れの後に、やって来るのが遺品整理です。遺品整理は遺品処分とも言われています。

 

持ち家では無く、賃貸マンションやアパートなどに住んでいる場合は、一定の期間の内に故人ゆかりの品物を遺品整理する必要もあります。財産や写真、故人ゆかりの品物は思い出として手元に残しておき、大きな物は業者の方にお願いをして処分する人も多い様です。

 

昔と違い、現代ではライフスタイルが多様化しています。「仕事で忙しくて、故人の品物をゆっくりチェック出来ない。」「遠方に住んでいるので、実家に通う時間が無い。」この様な方にとって、遺品を処理する手続きは思わぬストレスを生み出してしまうもの。

 

思い切って、プロの方の力にお願いをする手もあります。相談に乗ってもらう事で、割り切って整理を行うことも出来るみたいです。自分一人で抱え込まずに、多方面へ相談をしながら、進めていくと良いと思います。

遺品整理の品物

突然の親族とのお別れ。心の整理が付いていない時の、この様な不足の事態は、気持ちを惑わせてしまうものです。葬儀を滞りなく終えた後の、疲労感。

 

悲しみも手伝って、途方の無い気持ちになります。残された家族や親戚として、行わなければならない所作もあります。遺品整理と呼ばれている事も、その内の一つです。

 

遺品整理は故人が残した、ゆかりの品などを、残された家族などで分け合う事を指しています。遺品整理の品物としては、以下の様な物があります。一番大切なのが、貴重品です。

 

貴重品には故人の通帳や印鑑、クレジットカード、現金などが挙げられます。これは財産分与などを行う時に大切になってくるので、大切に保管をしておきましょう。そして骨董や絵、手紙や写真などの、故人ゆかりの品物があります。

 

またコートや帽子、年代ものの着物などもあります。タンスや冷蔵庫、テーブルなどの家具もあります。また保存しておいた食料も、立派な遺品の一つとなります。

解体工事のご相談(東京・神奈川・千葉・埼玉)

関連サイト(外部リンク)

関連情報