MENU

寄付する?遺品整理の方法

遺品整理の方法


様々な遣り方があるのが、遺品整理の方法です。
遺品整理の方法としては、様々なパターンがあります。
故人の意思をくみ、残された家族がベストと思う方法を模索していきましょう。

 

遺品整理の方法としては、近しい人で遺品を分け合う遣り方もあります。
形見分けと、言われている物の一つです。
この他にも、例えば多くの本が残された場合、図書館などの公共の施設に寄付する手もあります。

 

まだ使えるデスクや本棚などは、養護施設や保育園などで使ってくれる場合があります。
地元の自治体などに、確認しても良いと思います。
大きなゴミや家財道具などは、自治体のルールに従ってゴミを出す様にしましょう。

 

あれもこれも大変な場合は、専門の業者や団体にお願いする手もあります。
少々コストは掛かりますが、お焚き上げなどのサービスを行ってくれる会社もあり、全てを委託する事も出来るので非常に便利です。
複数の会社に見積もりを取ってもらい、条件を比べると良いでしょう。

 

遺品整理の方法は?

身内の方の突然の死、落ち着く暇もないまま、遺品整理の方法も考えなくてはなりません。
仏教の考えとして、亡くなった方の魂が天国へ行くのが49日。
この49日の法要を過ぎてから、遺品整理の方法を模索される方も多いそうです。

 

49日というと1か月余りですから、気持ちの面でも葬儀直後と比べては、落ち着く頃だと思いますので、遺品整理の方法を考えるのに良い頃合いだと思います。
片付けの内容としては、まずは自分で行うのか第三者に委託をするのかを考えます。

 

細かい物は自分で行い、大きな物や処分に困る物は業者に委託するという折衷案もあります。
借家など期限が決まっている住宅などの場合は、出来るだけ早いうちに、清掃や処分を行うのがベストです。
また相続する人が複数いる場合は、相続に関する手続きを予め行っておく事もベストです。

 

お金が絡む場合には、周りの親戚や兄弟とよく話し合い、滞りなく進める事が出来る様に準備をしておきましょう。