MENU

遺品を廃棄処分しようと思った時

遺品の廃棄処分は

 

大切な方の遺品、廃棄処分をしようと思った事はありませんか?
身内の方の突然の死去。
美しいまま思い出として残しておきたい所ですが、現実的にはそうもいきません。

 

賃貸アパートや借家などの場合は、貸主にきちんとした形で返却をする義務もあります。
遺品を廃棄処分しようと思った時、素人だけの判断で行動するよりは、第三者のプロの力を借りるのがお薦めです。
冷蔵庫やパソコン、大型テレビ。

 

個人の判断で一般のゴミとして収集所に出してしまうと、ご近所からも大きなクレームが来ることもあります。
自治体のゴミのルールをきちんと守り、一つ一つ丁寧に仕分けを行う事が先決です。
不用品かそうでは無いか、判断に迷う場合も、第三者の力を借りることでスムーズに行う事が出来ますよ。

 

遺品を廃棄処分しようと思った時は、自分だけで何とかしようと考えずに、その道のプロに相談をしてみること。
山の様な生活用品を、個人の力で輸送、廃棄するのは相当パワーがいるものです。

遺品の廃棄処分の注意点

大切なご家族の遺品。
「廃棄処分をしたいけれども、注意することは無いかしら。」
この様に悩んでいる方も、いるのではないでしょうか。

 

最近では高齢者の方の一人暮らしも増え、近所に近しい人が住んでいないという現実もあり、遺品の廃棄処分をプロの業者に頼む人が増えているそうです。
遺品とひと口に言っても、実に様々なものがあります。

 

故人の方が愛用されていたデスクやパソコン、掛け軸や骨董品、着物などもそうです。
廃棄処分しようと思う時には、予め「何が必要で」「何が必要ではないのか」。
この点をしっかり見定めておくこと。

 

肝心のプロに頼む場面になって、「やはり形見として残しておきたい」という気持ちが芽生え、作業に遅れが出る恐れがあるからです。
また大型のデスクや食器棚、衣装ケースなどには、捨てる間際に、中から印鑑や通帳などの貴重品が見つかる事もあります。

 

本当に捨てても大丈夫な物なのか、引き出しの奥までしっかり探しておくのも大切です。

関連情報