MENU

遺品整理のトラブルとは?

遺品整理でのトラブル

 

急激に単体で住む、高齢者の世帯が増加しているそうです。
それによって、死後の取り扱い方にも、様々なサービスが生まれています。
遺品整理の業界には、どの様なトラブルやクレームがあるのでしょうか。

 

遺品整理に関するトラブルなどをまとめている、不正防止情報センターなどでは、その実例をこの様に報じています。
多く見られるのが、価格設定が不透明で、実際には見積もり時よりも高額を請求されたと言う例。

 

この他にも、大切にされていた遺品をこちらに聞きもせず、勝手に破棄されてしまった。
また置いておいた現金や貴重品が無くなってしまった、という声もあるそうです。
遺品整理業者によっては、本当に一部ですが、この様なトラブルを起こしやすい業者も一部にはあると思います。

 

口コミやネット上での評価なども参考にしながら、しっかり業者を選定していくことが、まずは防止の第一歩だと思います。
故人の方のためにも、嫌な想いはしたくはないもの。
信頼できる業者を見つけて下さいね。

遺品整理のトラブル、防ぐには?

高齢化と核家族、遺品整理業者の数も、増加傾向にあります。
それに伴って、心ない一部の業者のために、トラブルも彼方こちらから、聞かれる様になりました。
遺品整理をまつわるトラブルで、最も多いのは、やはり金銭にまつわる事だそうです。

 

「遺品整理の業者から、有り得ない値段の高額請求をされた。」
「引き出しに入っていた現金を、勝手に持ち出されてしまった。」
「見積もり時と話が違い、信頼が出来ない。」

 

トラブルを回避するためには、どの様な点に気を配れば良いのでしょうか。
まずは、信頼や実績のある業者に作業をお願いするのが、前提となります。
整理士の中には、きちんとした資格を保持している人もいます。

 

また認定協会からの推薦状があるか、確認する手もあります。
また見積もりなどではお互いに作業内容を有耶無耶にしておかないことも大切です。
不用品か、残しておきたい品物か、業者に頼む前には、貴重品などは予め取り除いておくことも、防衛につながります。