MENU

孤独死、遺品整理はどうする?

孤独死の遺品整理

 

結婚しない若者が増えているなか、年齢関係無く、ひっそりとこの世を去る孤独死が問題視されています。
誰かと一緒に住んでいても、伴侶が亡くなってしまった場合、孤独死の危険は隣り合わせとなります。

 

昔の様に、ご近所の方がひっきり無しに様子を見ていた時代と違い、現代は隣の人の声さえ聴いた事が無い、孤独の時代。
あなたの身の回りでも、孤独死する可能性のある人は、一人や二人では無いと思います。

 

この様な孤独な時代に困るのは、遺品整理という問題です。
遺品整理を行う時にチェックしておきたいのが、一通りの品物のチェックです。
まだ使える家電や家具などは、リサイクルショップに引き取ってもらう方法もあります。

 

遺品整理士に見積もりをお願いすれば、出張で見積もり、そのままトラックで引き取ってくれるケースも多いそうです。
こういった業者を、利用する手もあります。
また衣類や生活雑貨が余りに多い場合も、プロの清掃業者などにお願いする手もあります。

遺品整理と孤独死

一人暮らしのお年寄りなどが、ひっそりとこの世を去っていく孤独死。
地域との結びつきが強固な地方寄りも、近所の人の顔が分からない都会のコミュニティで問題となる事が多いみたいです。
孤独死は年々増えていて、自治体の頭を悩ませている問題の一つです。

 

また孤独死と言うと、お年よりの話と思われますが、最近ではそうでもありません。
結婚しない若者が増えていて、タレントや女優さんの若者の一人死も話題になっています。
結婚をしない一人の男女がこれから増えていく昨今。

 

どんどんこの問題は、深刻化する可能性があります。
またこの様なトピックスと関係するのが、遺品整理です。
今まで余り関係が無かった親戚の遺品整理などを、行わなければならない場合もあります。

 

遺品整理を行う場所が、現在の住まいから離れている場合。
そして仕事や介護などが忙しくて、その時間が無い場合。
ライフスタイルの合間を縫って片付けを行わなければならないのは、大きなストレスにもなります。

関連情報