MENU

遺品整理とリサイクル

遺品整理でリサイクル

 

故人の方が愛用されていた絵や掛け軸、お値打ちのある着物。
貰い手のない、良質な遺品の数々。
遺品整理をしている側としては「置くスペースが無い、けれども廃棄はしたくない」。

 

この様に想い悩む瞬間も、数多くあります。
廃棄を躊躇う品物の場合は、思い切ってリサイクル業者に委託するという選択肢もあります。
最近では遺品整理から出て来た逸品を、快く取り扱ってくれるリサイクル業者が数多く存在します。

 

故人の方が愛用されていた逸品ものの中には、時代を経て大切にされてきた、非常に珍しい物も数多く残っているからです。
遺品整理業者の中には、リサイクルショップと業務提携を結んでいる企業もあります。
片付けの作業もお願いでき、不要なものは買い取ってもらう、そんなおトクなサービスを利用することも出来ます。

 

また掛け軸や絵、壺などの骨董品は、それなりの鑑定士に一度見てもらうのもお薦めです。
価値を見極めると、買取か、破棄か、手元に置いておくのか、見定めることが出来ます。

 



遺品整理専門、リサイクル業者

世の中には変わった商売もあるそうで、遺品整理したときに出るアイテムなどを、リサイクル品として買い取ってくれる業者の方もいるそうです。
確かに身内の方の死に伴い、遺品整理を行っていると、部屋の彼方こちらからお宝の様なグッズが出てくる事もあります。

 

少し前では故人の方が使っていた品物を、リサイクルとして出すなんて非常識。
こんな考えも、多く見られた様に感じます。
けれどもエコが叫ばれる現代では、そんな考えをされる方は少なくなってきました。

 

「故人の方が愛用されていた品物を、別の方に譲って長く使ってもらう。」
これこそまさに、究極のエコな選択だと思います。
多くの遺品整理業者では、提携のリサイクルショップがあり、買取や不用品の収集に応じてくれます。

 

形見分けを済ませ、引き取り手のない家具や洋服、本などは思い切って第三者に売り払うのも選択肢の一つです。
ただ廃棄するだけでは勿体ない、そう感じたときには、是非サービスを利用してみて下さい。