MENU

遺品整理の資格とは?

大きな震災や事件などがあると注目されるのが、遺品整理の資格です。
最近では都会などで地域の結びつきが弱まっていて、お隣りにどんな人が住んでいるのかも分からないご時世。
プライバシーに配慮されていて居心地は良いのですが、イザという時に心許なく心配になります。

 

困った方の道しるべになりたい、そんな想いをされている方が受講しているのが、遺品整理士の資格です。
遺品整理士とは故人の想いと、残された家族の想いを繋ぐ仕事でもあります。
だからこそ、資格を受講したいと言う方は、それなりの認識が必要となります。

 

また遺品整理士の資格は、あくまでも民間の団体のもの。
これが無くても仕事は出来ますが、持っているという事で自治体への働きかけ、また就職時の面接に有効と思われます。
第三者からみても、仕事を頼みやすい状況になりますよね。

 

信頼感がアップします。
ちなみに受講の年齢などは、問っていないそうです。
第二の人生にも、活躍しそうですね。

「遺品整理」資格と講座

「将来有望な資格を持っておきたい。」
巷に溢れている色々な講座を見て、悩んでいる方も多いと思います。
「遺品整理士」は、中高年の方を中心に注目されている職業の一つです。

 

一般の社団法人でもある、遺品整理士認定協会では資格をスムーズに取るための講座を開いてるそうです。
講座を受けるためには、特に制限などは無いそうです。
遺品整理の資格講座を受講する期間は、おおよそ2か月と言われています。

 

これならどなたでも、受けるチャンスがありますよね。
気になる入会金は、おおよそ2万5千円です。
そして二年の有効期間がある会費は、5千円だそうです。

 

他の講座などと比べると、リーズナブルにお金を掛けることが出来ます。
定年退職後の副業として、トライすることも可能です。
また講座を受けると、様々な教材をもらう事ができます。

 

例えばDVDや資料集、そして教科書などがあります。
テキストを勉強をして、わからない所はDVDを見て補うと効率的に学ぶことが出来ます。

「遺品整理士」の資格、合格率は?

少子高齢化によって、注目されているのが遺品整理士の資格です。
ひと昔前までは、亡くなった方の身辺の整理は、お嫁さんや町内会の人たちが協力をして行うのが当たり前となっていました。
しかし現代では、共働きや少子化、ご近所通しの繋がりが薄いとあって、それも難しくなっています。

 

遺品整理士は需要の高まりもあって、資格を受けようと思っている方には狙い目のお仕事です。
気になる遺品整理士資格の合格率は、残念ながら公表されていないので具体的な数字は分かりません。

 

とあるデーターによると、7割から8割くらいの合格率なのではないかとも、推測されています。
またテストの方法ですが、何処かの試験会場に出向くわけでもなく、自宅で一定の勉強をして課題のテストを提出すると認定される仕組みのようです。
勉強する期間はおよそ2か月。

 

リサイクルや廃棄物の、適切な処理方法。
遺品を大切に扱うマナーなどを学んでいくそうです。
副業としてもお薦めです。

関連情報