MENU

注目求人、「遺品整理」

遺品整理の求人

 

少子高齢化で、職業の選択肢も様変わりしています。
中でも最近注目されてる仕事の一つが「遺品整理」の求人です。
「遺品整理」の求人は、ハローワークなどに出掛けても、検索を行う事ができます。

 

とある求人内容を見ると、「遺品整理業」として募集がかけられていました。
フルタイムの正社員で、月給は25万円から30万円の幅があります。
仕事の内容に応じて、基本給にプラスして資格や通信の手当てが付くみたいです。

 

時間は9時から19時までと、一般的なサラリーマンと変わりはありません。
では具体的にこの仕事は、どの様な事をするのでしょうか。
多くの場合は、亡くなった方の住んでいた住まいの、片付けや処分のサポートをする事が多いみたいです。

 

衣類や小物など、小さな遺品の片づけもあります。
家電や家具などの大きな物の処分を、委託される場合もあります。
単なる清掃作業と違うのが、残された家族のハートに寄り添って片付けを行うと言う点だと思います。

求人数アップ、「遺品整理」 

求人誌などでも、時折見かける職業の一つが、遺品整理のお仕事だと思います。
余りイメージが湧かない方にとっては、遺品整理と言う求人にマイナスイメージを持つ事もあります。
けれども核家族化が進んで、孤独なお年寄りが増えている現実を踏まえて、遺品整理の求人数は年々アップしているそうです。

 

また実際のお給料も、それほど悪くはないため、穴場中の穴場。
この仕事が天職、そう思う方も多いそうです。
単なる清掃作業と違うのは、やはり故人の方の思いに寄り添い、残された家族の方の気持ちをサポートしてあげる点だと思います。

 

残された家族にとって、処理しなければならない家電や家具は、形見の一部でもあるからです。
単なる処分作業とは思わず、人としての繋がりや温かさを実感しながら、心を込めて作業をすることが求められます。

 

「人と関わる事が好き。」
「残された家族と故人を結びつけるお手伝いがしたい。」
そう思う人には、まさに打ってつけの職種だと思います。

関連情報