MENU

今から出来る、生前整理

生前整理

 

少し前の時代では、元気な時の生前整理は、とっても縁起が悪いものと言われていたそうです。
けれども断捨離と言う言葉が定着する様になり、次第に人々の価値観も変わり始めています。

 

今では生前整理をするのと同じ様に、自分の葬儀などを生前に予約しておく、終活も聞かれる様になってきました。
「どう生きたいか」を前向きに考えていくと、自ずと「どう死ぬか」も見えてきます。
自分の死に際をスッキリする事によって、今ある命を大切に生きようという、大きな元気も湧いてくると思います。

 

生前整理をする事によって、毎日が明るく楽しくなったと話す方も、実は多いそうですよ。
肩肘を張る必要はありません。
まずは身近な雑貨や骨董品などの、簡単な片付けから始めておきましょう。

 

バラバラになった写真をアルバムに貼るだけでも、立派な片付け作業の一つです。
一度にしようと意気込むと、作業が辛くなります。
毎日の片づけプラス、その先に出来る事を一日ひとつ行ってみる。
そんな心意気が大切です。

生前整理とは?

テレビや雑誌などで、「生前整理」というネーミングを聞いた方もいるかもしれません。
生前整理とは、本来亡くなってから行われる遺品の整理や後片付けなどを、生前に行う事を指しています。

 

「生前整理なんて、縁起でもない!死んでからで十分。」
この様に話される方も中にはいます。
けれども、残された人生をスッキリ気持ちよく生きる為に、生きている間の片づけは非常に大きな意味を持つと思います。

 

例えば不慮の事故で、突然あなたが去ってしまった時。
この様な事を想像した事はあるでしょうか。
残された家族は、あなたが残した大量の洋服や家電、食料品や雑貨の処理や処分に途方に暮れてしまうでしょう。

 

何から手を付けてよいやら分からず、腐敗したままゴミの山と化す可能性もあります。
あなたが未来の子供たちに残すべき遺産や遺物も、ゴミの中に埋もれてしまう可能性もあります。
貴重なもの、残しておきたい物を明確にする為にも、今あるスタイルから断捨離を行う事は大切なトピックスです