遺品の不法投棄について

MENU

やってはいけない遺品の不法投棄

テレビのニュースで不法投棄のことをよく聞くようになりました。
処分に困って不法投棄しているようですが、遺品を不法投棄することもよく聞くようになってしまいました。

 

亡くなった人の遺品がたくさんあったり処分費用が高くついてしまうからです。
遺族の方が不法投棄することは少ないようです。

 

では、誰が不法投棄しているのでしょうか?
それは遺品を引き取った遺品整理業者とされています。

 

遺品整理業者は、遺族から引き取り費用をもらっているにも関わらず、不法に投棄しているのです。

 

遺族の知らないところで行われていますので、勿論遺族の方は不法に投棄されていることは知りません。

 

知ってしまうとショックです。

 

また不法に投棄された遺品を警察に届けられた場合、持ち主が分かる連絡先などが書いてあれば、警察から連絡が来て引き取りにいかなければいけません。

 

ですので遺品を処分するときは、悪質な遺品整理業者ではなく、信頼できる業者を利用するようにしましょう。

遺品を不法投棄するのはいけません

粗大ゴミでも定められた引き取り料金を払って処分する時代になっています。
ですので不法投棄が多くなっています。

 

不法投棄される物は色々ありますが、その中に遺品があるのをご存知でしょうか?

 

遺品を不法投棄するなんて酷い遺族と思われてしまいますが、実は遺族が不法投棄しているわけではありません。

 

引き取り費用を遺族から頂いている遺品整理業者が多くいるのです。
遺族の方は費用を支払っているのに不法投棄されていることを知ったら怒りが込み上げてくるでしょう。

 

こうした遺品の不法な投棄を防ぐには、しっかり下調べをしてから遺品整理業者を利用することです。

 

インターネットで調べればすぐに見つけることができますので、評判なども参考にしながら探してみると良いでしょう。

 

また引き取ってもらった遺品は廃棄物として処分されるものもありますが、リサイクルできそうな家電や家具などは、どこかでリサイクルされます。

 

故人の遺品が何処かで生きているのは遺族の方にとって嬉しいことです。

関連情報