MENU

謎が多き、「遺品整理人」

遺品整理人

 

単なる引っ越しの作業と、また違う仕事内容なのが遺品整理人です。
有名な女優さんによって「遺品整理人」が演じられたのも、記憶に新しい方も多いと思います。

 

高齢化社会や結婚しない人が増えていく日本において、遺品整理人は益々需要が高まっている職種の一つだと思います

 

とはいえ、実際に「遺品整理人」に出会った事のある方は、ごくひと握りなのではないでしょうか。
このお仕事、実は民間団体が発行する資格の一つ。

 

故人への思いやりや廃棄物の処理法などがキチンと理解しているかを、テストでは問われる事が多いみたいです。
ご近所の関係が薄くなっている現代では、遠くの親戚よりも近くの他人。
この様なプロの力が益々必要になってくると思います。

 

また単なる力仕事と思われがちですが、亡くなられた方の意思を尊重して、残された家族の意図も、しっかり汲む事が出来るのかも必要なスキルの一つ。

 

コミュニケーション能力も求められる、非常に高度なお仕事だと思います。

ドラマ「遺品整理人」とは?

花のゴールデンタイムにも、お目見えした、とあるドラマ。
中高年の方の間でも話題となったのが、遺品整理人というお仕事です。
遺品整理人という仕事がクローズアップして有名になったのも、某ドラマの影響という見方もあります。

 

突然の火災によって、大切なお子さんとお子さんの持ち物を全て失うという、悲しい過去を持つ主人公。
遺品整理人として一生懸命生きる姿には、胸が打たれる想いもします。
ドラマで何となく見たことはある職種ですが、いざ説明しようとすると、言葉にならない方もいるでしょう。

 

この職種はズバリ、残された家族と思い出の品を片付けるサポートをする仕事です。
軽い品物もあれば、冷蔵庫や多くの食品など、かさばる品物もあります。

 

小さな部屋の場合には作業も短時間で済みますが、一軒家ともなると、作業員の数も増えて、作業時間も大幅に掛かる事もあるそうです。

 

ただの引っ越し作業とは違い、住民の一人が他界してしまっていると言うのが、この仕事の遣り甲斐の一つです。