遺言代用信託を詳しく知っておこう

MENU

遺言代用信託を詳しく知っておこう

相続への意識が高まっている最近では、相続を行う相続人の争いやトラブルが発生しています。

 

こうした相続の争いやトラブルを防ぐ方法があります。

 

それは遺言代用信託です。

 

遺言代用信託とは、遺言の代わりにお金で契約をして管理までするというサービスです。

 

委託する人と受託する信託銀行が信託契約を結び金銭を信託するのです。

 

受託した信託銀行は委託した人が亡くなったときに、委託した人が指名した受益者にお金を渡すようになっています。

 

渡すときは指定された方法で指定した金額のお金を渡す仕組みになっているのです。

 

また遺言代用信託は、通常の相続よりも良いとされています。

 

通常の相続の場合は相続の手続きが完了するまではお金を引き出すことができません。

 

一方、遺言代用信託は、死亡診断書や通帳、印鑑や本人確認できる書類があるだけですぐに引き出すことができるのです。

 

こうした遺言代用信託は、口座凍結されることのトラブルを防ぐこともできるのです。