MENU

遺品整理士のお仕事

高齢化が進んでいて、良く聞かれるお仕事の一つとなっているのが、遺品整理士です。
遺品整理士とは、去ってしまった方の遺品分けのサポートをする仕事です。
「遺品の片づけくらい自分で出来るわ。」
この様に言い切る方もいるでしょう。

 

けれども現実的に、山の様な生活品や食料品などを目の前にすると、そんな綺麗ごとばかりは言ってられなくなります。
「誰かのサポートを受けたい、けれども周りに近親者がいない。」
困った方からのコールを受けるのが、遺品整理士です。

 

素人では難しい、大型家電や家具の処理も、リサイクルの法律にのっとってキチンと行ってくれます。
リサイクル品や廃棄物の片づけ方は、一般の方では難しい部分もあります。
プロの観点から、一番効率の良い方法で処理を進めてくれるので気が楽です。

 

また悲しみだけが手元に残り、動く気力が無い。
けれども実際に片づけを進めなければならない時にも、プロの方の判断を仰ぐ事は適切だと思います。

「遺品整理士」とは…?

聞き慣れない言葉であった、遺品整理士。
震災や高齢化などを切っ掛けとして、最近では注目されているお仕事の一つです。
遺品整理士とは何でしょうか。

 

遺品整理士は、残された遺族と一緒に、故人ゆかりの品を片付けるサポートをしてくれる人の事を指しています。
地域の人達との繋がりが強かった時代とは違い、現代では核家族化、そして町内会などの地元の人との結びつきが弱くなっています。

 

その結果、残された家族にのしかかる負担も大きなものとなっています。
「亡くなった親とは遠方に住んでいる。片付けをしたいけれども、仕事が忙しく満足に行えない。」
「この様な経験は初めてなので、何から手を付けて良いのか分からない。」

 

こうした人からのオーダーも、増えている様です。
遺品の片づけこそ、自分で行いたいと言う方もいるでしょう。
けれども現実的には、子育てや家事、お仕事のかたわら、それらを完璧に行おうとするのは無理があります。

 

肩の力をフッと緩めてくれるのが、プロのサポートです。

注目される、遺品整理士

最愛の方とのお別れ、いきなりであればある程、その衝撃は大きいものです。
遺品整理士とは、残された家族をサポートするお仕事の一つです。
遺品整理士として、個人の判断では難しい、残された品物を処分するお手伝いをする仕事です。

 

遺品整理士は全国で、1000人余りいると言われています。
民間の資格です。
一般の社団法人のテストもあり、これに見事受かると整理士として働ける事になります。
このテストの内容は、供養の観点などから、気持ちや姿勢を問う問題もあります。

 

そして具体的な所作に必要な、廃棄物などの法律を理解しているかを問う内容もあるそうです。
最近では孤独死などの悲しいニュースが聞かれる様になり、このお仕事も注目を集めているそうです。
借家や賃貸に住んでいる方の場合は、一定の期限に処分を余儀なくされる事もあります。

 

自分の死後のことを気にして、生前にプロの力を借りて身の回りの品物を整理される方も増えているそうです。

関連情報