MENU

遺品整理と特殊清掃サービス

特殊清掃について

 

死後数日が経過されたご遺体。
親しい身内の者であっても、特有の匂いには慣れることは出来ません。
特殊清掃の実績もあるのが、メディアにも登場することの多い遺品整理の業者です。

 

業者によっては、部屋の様子をチェックした後、特有の機材や薬品などを用いて、特殊清掃を行ってくれます。
特殊清掃をお願いする場合は、お部屋の家具や不用品などを取り除いた状態で行う必要があります。
そのため作業時間などは、加算される可能性もありますが、スッキリとした室内への回復のためには、致し方がないと思います。

 

薬品などを用いて、部屋の気になる悪臭を徹底的に消臭、そして除菌をしていきます。
この時用いる薬品などは、素人が使えるレベルの物では無いそうです。
プロだからこその、出来る技だと思います。

 

薬品の扱いを知っているプロだからこそ、安心をして作業を見守ることも出来ますね。
気になる料金ですが、部屋の広さによって変わってくるそうです。
見積もり時にご確認を。

プロだから安心、特殊清掃

結婚しない若者が、増えているそうです。
若い方の、突然死なども増えているそうです。
多くの場合は訪れた両親が発見をする場合が多いそうですが、時としては異臭に気付いたご近所から通報がいく場合もあるそうです。

 

どちらにしても、突然亡くなられた方の後処理は、相当大変なものがあります。
遺品整理の業者などの間で、注目をされているのが、特殊清掃のサービスです。
特殊清掃とは、体液などで染みついた特有の匂いなどを、しっかり薬品などを用いてキャッチ、より美しい状態へ修復をする作業だそうです。

 

特殊清掃を行う業者の中には、この分野を得意とする集団もいます。
気になる場合は見積もりなどを取って、作業内容をチェックしてみましょう。
気になる料金ですが、とある業者の場合は2DKくらいの広さでお値段15万円程度。

 

作業スタッフ2名が付き、半日ほどで作業を終わらせてくれます。
悪臭が漂うなか、壁紙や床板の清掃を素人が行うのは、実質的に無理があります。